蜂を駆除して安全な暮らしを守ろう|害獣被害に悩まされない対策術

安心した生活を送るために

駆除には許可が必要

年々ハクビシンは生息数も生息範囲も拡大していて、住宅地でも目撃数が増えています。ハクビシンに依る生活被害や健康被害も報告されるようになって、ハクビシン駆除を真剣に考えなければいけません。しかし、日本には鳥獣保護法があり、むやみにハクビシンを駆除することができません。無許可でハクビシン駆除を行うと罰則の対象となることがあります。したがって、ハクビシン駆除を行うには自治体への申請が必要となります。一般の人が駆除申請を提出することはほとんどなく、届出先や届出の様式も手間取ってしまいますので、ハクビシン駆除を行う害獣駆除業者に作業を依頼して下さい。個人で駆除をするよりも的確な作業をしてくれて、再びハクビシンの被害に悩まされることもありません。

駆除業者を選ぶ工夫

ハクビシンを駆除するときには、罠を仕掛けて捕獲するか住宅から追い出すことになります。その後、再び住宅にハクビシンに入られないように侵入口を塞ぎます。ハクビシン駆除を業者に依頼するときには、サイトを使って無料で初期調査と見積もり提示をしてくれるところを選んで、連絡してください。複数の業者に連絡しても問題ありません。優良害獣駆除業者であれば、見積もりを提示しても実際の作業が依頼されなければ費用が発生することはありません。作業内容をしっかりと説明してくれる業者を選ぶようにして下さい。ハクビシンはタヌキと違って、木のぼりが得意なため人の目に付かない高い所から侵入することもあります。そのため、駆除実績が豊富で、ハクビシンの生態に詳しい業者に作業を依頼するようにしてください。